HOME > 製品・機能紹介

製品・機能紹介 LogReviにはログ活用に必要な様々な機能を搭載!

ログの高速検索 LogReviは、インシデント発生時に非常に頼りになるパートナーです

大量のログからの高速検索

様々なシステムのログを統合し、数年間保管するとなると、そのログの量は膨大な量となります。その中から、特定のログを探すのは非常に手間と時間がかかります。
LogReviは独自のDBを使い、大量データからの高速検索を実現します。
インシデント発生時の素早い原因特定をはじめ、定常的なログチェックの場合にも、ストレスなく実施することができます。

検索スピード比較

※当社独自の調査によるものです。システム環境等の諸条件によって実際の結果とは異なる場合があります。

柔軟なレポート設定 必要なレポートをGUIで簡単設定!

日々のログチェックを自動化

取込んだログを利用し、レポートの作成から通知までをLogReviで自動化することができます。運用の負荷軽減はもちろん、見落としてはいけないレポートをしっかり確認することができます。

ログチェック

アラート機能

アラート機能レポートテンプレートはGUIで簡単に作成できます。あらゆる切り口のレポートテンプレートを作成することができます。

テンプレートは自由に作成

テンプレートは自由に作成レポートに気になる項目を見つけた場合には、ドリルダウン検索機能で詳細のログをすぐに確認することができます。

調査もスムーズに実施

調査もスムーズに実施 ドリルダウン機能でレポートの気になる箇所の詳細ログを簡単に表示できます。

簡単なログ取込み 様々なシステムのログを統合管理!

様々な形式のログを取込み可能

システムからは様々な形式でログが出力されます。LogReviは様々な形式のログ取込みに対応し、その取込み設定や定義設定はGUIで行うことができます。ログの種類追加も簡単にできるため、ログ活用に向けた基盤をスムーズに整えることができます。

取り込み可能なログの種類

ログ閲覧専用ビューア ログ確認に適したビューアを2種類搭載!

複数のログを統合するからには、その確認に適したビューアが必要です。LogReviには、ログの確認をスムーズに行うために専用のビューアをご用意しています。

マトリクスビュー

マトリクスビュー

種類のログを細かく確認するときに適したビューアです。時系列にログを並べ、ログの項目が確認しやすくなっています。

タイムラインビュー

タイムラインビュー

複数種類のログを一度に確認するときに適したビューアです。ログを視覚的にわかりやすく表示し、ログの種類ごとに並べるため、ログとログの関連性を俯瞰することができま

業務への利用 ログは保管するだけでなく、様々なシーンで利用できる!

突合せレポート機能 突合せ業務を効率良く実施

2つのログやデータを突合せ、その不整合のチェック結果をレポートとして出力することができます。

【利用例1 サーバの作業状況チェック】

「事前申請のあった作業開始時間・作業終了時間」と「実際に入室・退室した時間」を突合せることで、申請通りの時間内に作業が終了したかどうかを確認することができます。

入退室管理 サーバの作業状況チェック

【利用例2 勤怠管理への利用】

「勤務表の勤務時間」と「実際に入室・退室した時間」を突合せることで、より正確な勤務時間(サービス残業の有無)を確認することができます。

入退室管理 勤怠管理への利用

レコードフィルター機能 部門でのログ活用を実現

ユーザ毎にログの閲覧権限を設定することができます。例えば、ログをフィルタリングすることで自部門のログしか閲覧できないようにすることができるため、情報システム部門だけではなく様々な部門でのログ活用を実現します。

コードフィルター機能 部門でのログ活用を実現

部門ごとにどのように活用できるかはこちらをチェック!!

他にもさまざまな機能を搭載!

マスタ連携機能 ログに含まれないマスタ情報を自動で付加することができ、ログをよりわかりやすく確認できます。(Active DirectoryやExcel・CSVファイルなど)
エージェントレスログ収集機能 ログ収集モジュールを利用し、対象システムからエージェントレスでログを収集することができます。
イベントログ解析機能 Windowsサーバから出力されるログオンログオフログを、わかりやすく表示することができます。また、監査に役立つレポートテンプレートを用意しています。
ドリルダウン検索機能 レポート見て、気になった個所の詳細ログを簡単に表示することができます。ログ調査をスムーズに行うことができます。

今すぐ
詳しい内容をご覧頂けます!

試してわかる!
LogReviで変わるログ管理!

実際に操作しながら
体験することができます!